バイナリーオプション

ローソク足分析の酒田五法はバイオプにも有効!

チャート分析で世界中で使われている手法があります。それが、酒田五法です。

酒田五法は、江戸時代にローソク足を考案した「本間宗久」が作ったといわれていますね。

テクニカル分析の手法で今も尚、世界的に使われているローソク足分析です。

これだけで勝てるという手法があるので理屈抜きに覚えておきたいですね。

酒田五法は、5パターンのチャートがあります。このパターンさえ覚えてしまうと、これだけでエントリー出来るポイントが見つける事ができます。

酒田五法

酒田五法は

●三山(さんざん)
●三川(さんせん)
●三空(さんくう)
●三兵(さんぺい)
●三方(さんぽう)

の5つの手法があります。

三山について

上昇相場の時に出現する足型で山が3つ並んでいる状態のことで、その山を形成した後相場が下落に向かいます。

英語では「ヘッドアンドショルダー」またはトリプルトップとも呼ばれていて、価格の「上昇 → 下降」が3回繰 り返され、3つの山を作ってから崩れる形を三山と言います。

一番典型的な形は、3つの山のうち、真ん中の山が一番高い『三尊天井』と言われる形です。

三山とは逆に『逆三山』(トリプルボトム)があります。

逆向きの山が3つ並んでいる状態のことです。

下降トレンドで3回底値に達したと思った時は下落の限界にきているというサインなので上昇に向かいます。

この三山・逆三山は、酒田五法の内の最も分かりやすい基本的な手法となっています。

三川について

3本のローソク足を使って構成されるチャートパターンです。

相場の転換点を示すシグナルを確認するのが三川です。

『宵の明星』(下降トレンドへの転換を示唆)上昇トレンドで陽線が出現した後、コマや十字線が現れ、その後下に離れて始まる陰線が 出ます。

窓がある場合はよりその下降トレンドの傾向が強くなります。

『明けの明星』(上昇トレンドへの転換を示唆) 下降トレンドで陰線が出現した後に「窓」を空けてコマや十字線が現れ陽線となるパター ン。

この足型が出たときは、その後上昇に転換することが期待できます。

三空について

「三空」は上昇相場あるいは下降相場で※窓、または陰線が続いて出現した状態のことです。

隣り合わせるローソク足が前のローソク足とかぶらず※窓を3つ空けて上昇(又は下降) していくチャートの形です。

窓を空けた陰線が3回続けて出てきた形を「三空叩き込み」と言い、この後上昇していき ます。

上昇している時に※窓が3回続けて出てきた形が「三空踏み上げ」と言い、この後下降していきます。

※窓とは・・・ 隣りあうローソク足の間にできる空間のこと。 終値に対して、始値が大きく差をつけると窓が生まれます。

三兵について

陽線のローソク足が3本続けて、前のローソク足の高値を上回った形のものを『赤三兵』といいます。

大きな上昇トレンドの前兆と見られます。 赤三兵が出現したときは力強く上昇が続くサインです。

陰線のローソク足が3本続く『黒三兵』はその逆で下降トレンドへの転換シグナルと見ら れます。

三法について

酒田五法の中でも解釈が難しいのが「三法」です。

これまでの酒田五法は、どちらかと言えば売買タイミングを教えてくれるものでしたが、 この三法は「今は休むべき」を見極めるためのものです。

この分析方法は大きな陽線か陰線が現れた後、その陽線(陰線)の値幅内での売買が何度か 連続した足型となります。

『上げ三法』と呼ばれるものは、 上昇局面で大陽線の後に小さな3本の陰線を挟んで、大引け坊主の大陽線が出た形のこと を言います。

『下げ三法』は、 下落局面で大陰線の後に地井さん3本の陽線を挟んで、大引け坊主の大陽線が出た形のこ とを言います。

理屈抜きで覚える!

以上の5つが酒田五法でした。 この酒田五法は、理屈ではなく、ローソク足の形で覚えるのが一番ですね! 丸暗記して、デモトレードでも試してみましょう。

デモトレードならハイローオーストラリアがお勧め!デモトレードはこちら