バイナリーオプション

バイナリーオプション初心者が避けるべき経済指標の見るべきポイント

さて今回はファンダメンタル的なお話と経済指標の関係から取引を避けるべき時間帯とお勧めな時間帯を説明していきましょう。

初心者の方はまずこれ知らないと相当まずいので、必ず読んでおきましょう。また繰り返しみる必要もあると思うのでブックマークするなりしてもらえると幸いです。

経済指標とは?

そもそも経済指標って何なの?って事ですが、経済指標は、世界各国の政府機関や中央銀 行、中央省庁が発表している経済関連の統計の事です。

経済指標が発表されると、大きな値動きが発生する傾向にあります。

為替相場は、要人の発言一つで相場の動きが大幅に変わります。特に重要度の高い経済指標の場合その動きが顕著になるので要チェックです。

経済指標カレンダーの見るべきポイント

経済指標と言われてもまだイメージ沸かないと思いますが。まずは下記のサイトをご覧ください。

ヤフーファイナンス

楽天

こちらの2点サイトは必ずブックマークしておきましょう。

●ヤフーファイナンス

まずヤフーファイナンスから説明すると経済指標カレンダーというのがあり、本日の経済指標が発表されているのが確認できると思います。

経済指標では発表される日時、名称、国、星マークとありますが、この星マーク2つ以上は値動きが大きくなる事が予想されるので注意が必要。

先程も説明しましたが、星が2つある経済指標の10分後は取引しない様にしておきましょう。

星1つに関しては全く気にしなくてもいいのか?というとそういうわけでは無いのですが、そこまで警戒する必要はないと考えて良いです。

ただこれからバイナリーをやる初心者の方はエントリーせずに、どんな動きするのかなと?観察することはお勧めです。

関連する国以外の通貨は触れてもいいのか?そんな疑問もあるでしょう。直接的には関係なくてもその影響で多少なり動きが読めなくなる場合があるので関連していない通貨も触れないでおきましょう。

●楽天

楽天に関してもヤフーの見方は殆ど一緒ですが、星1つ以上は避ける様にしましょう。

星マークがないものはさほど気しなくても良いです。

この様に経済指標カレンダーをみることで大きく動きそうなタイミングがある程度予測できます。

経済指標発表前後は本来予測される動きをしないケースもあり、テクニカル分析が通用しないという場合もります。

なので予測できない時間はトレードを控えて無駄な負けを減らす事も勝率を上げる条件なので徹底していきましょう。

アメリカの主要な経済指標

• 米雇用統計(米・非農業部門雇用者数)
• 米FOMC政策金利発表
• 米国GDP
• 米雇用統計(米失業率)
• 米雇用統計の先行指標と言われている「米・ISM非製造業景況指数」

米国雇用統計は、日本時間で毎月第一金曜日に発表されます。この経済指標は投資の世界では最も重要視される指標です。米国GDPは、 4月、7月、10月、1月の下旬に発表されます。 特に4月の速報値発表時に大きく相場が動くと言われています。

ユーロの主要な経済指標

• ユーロ主要経済指標
• GDP暫定値
• ドイツ鉱工業生産指数
• インフレ指標
• M3
• ドイツの失業
• 各国財政赤字
• IFO景況指数

ポンドの主要な経済指標

ポンドは住宅関連統計が特に注目されます。
• 住宅価格指数
• 全国の平均住宅価格(ネーションワイド住宅価格)
• 全国の平均住宅価格(HBOC住宅価格)など

その他の避けた方がいい期間

上記の他にも、値動きが安定しない期間というのがあります。

それは、月曜日、金曜日、月末、月初 日本の祝日(ゴールデンウィーク、正月)や海外の主な祝日(クリスマス、アジアの旧正 月など)などです。イレギュラーなのでなるべく避けた方が良いでしょう。

ハイローオーストラリアがオススメ

バイナリーオプションで日本で一番人気のハイローオーストラリア 。ハイローオーストラリア の登録、維持費はもちろん無料です。 今なら5000円のキャッシュバック付がついています。

ハイローオーストラリアの公式サイトはこちら