バイナリーオプション

為替市場をチェックせずに取引は絶対NG

為替市場は、ニュージーランドのウェリントンで、その週の為替市場が始まります。

日本時間で言うと朝5時(冬時間の場合は6時)にスタートします。

ここで最初についた値段が始値です。

そして日本時間で土曜日の朝5時(冬時間の場合は6時)に最後についた値段が終値になります。

日本では、この時間内(月曜の朝5:00~土曜の朝5:00迄)で取引ができると言う事ですね。

世界3大市場

世界三大市場とは、世界で10ヶ所ある為替市場のうち取引量の多い上位3つの市場を指します。

ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場が世界三大市場と呼ばれていて、それぞれの市場がオープンしている時間帯は日本時間でざっくり言うと

  • 東京時間(9:00から17:00)
  • ロンドン時間(夕方から夜)
  • ニューヨーク時間(夜から朝方) となっています。

ロンドン時間

ロンドン時間は、夏時間の場合は日本時間の16時~24時、冬時間の場合は日本時間の17時~25時です。

ロンドン市場が開いている時間は他のヨーロッパの市場はもちろん、アジアや中東、アメリカの市場が開いている時間と重なっています。

そのため必然的に市場参加者も多くなり、取引量も増え値動きはさらに活発になっていきます。

ロンドンフィクスとは?ロンドンフィクスに気をつける

ロンドン時間で気を付けないといけないのは、ロンドンフィックスと呼ばれるものです。

夏時間の場合は日本時間の24時、冬時間の場合は日本時間の25時がロンドンフィックスに 該当します。

ロンドンフィックスとは、東京時間の仲値(9時55分)に相当する時間で、その日の対 顧客向けの基準レートを決める時間です。

日本の場合は午前9時55分に仲値を決定しますが、イギリスの場合は現地時間の16時に決定します。

ロンドンフィックスは実需筋が大きく動く時間帯なので、値動きも荒くなります。

バイナリーオプションのプロの方でも避ける傾向にあるので、この時間はトレードしない様にする方が賢明です。

市場またぎの時間に気をつけよう それぞれの市場の開場・閉場時間も覚えておきましょう。

毎日9時・17時・22時と1時・6時は意識しておく様にして この時間が含まれている場合には、値動きがかなり異なる動きをするので、この開場・閉場をまたいで取引しないように気を付けてください。

サマータイムに気をつけよう アメリカ・ヨーロッパでは日本にはないサマータイムが導入されています。

年2回夏時間と冬時間が入れ替わるので覚えておきましょう。

米国の夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日(それ以外は冬時間)ヨーロッパの夏時間:3月最終日曜日~10月最終日曜日(それ以外は冬時間)この他にも、それぞれの国の祝日なども把握しておく様にしたいですね。

日本が祝日でも、世界のマーケットは動いているので取引は出来ますが普段とは又値動きも違いますので、初心者のうちはあまり取引をしない方が賢明です。

以上、取引しない方がいい時間をしっかり覚えて、勝つトレード率を高める様にしましょう。

ハイローオーストラリアがオススメ!

日本で一番支持されている海外バイナリーオプション。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら!只今5000円キャッシュバックキャンペーン中。